シェアーする。

トムラソーティング株式会社は,ジャガイモ加工業者様向け電子書籍(E-BOOK)を発行しました。

コロナウィルスの大流行によって激化する課題への電子書籍、無償でダウンロード可能

10 9月 2020

トムラソーティング株式会社は、ジャガイモ加工業者様がコロナウィルスの大流行により現在直面している根本的な運用上の課題への取り組みをサポートするためにこの電子書籍(E-BOOK)を発行しました。

この19ページにわたる電子書籍(E-BOOK)は、弊社のホームページより無償でダウンロード可能で、コロナウィルスの影響で市場の状況が破壊されている現在だけではなく、その後の将来を鑑み、ジャガイモ加工業者様に役立つ情報やアドバイスを提供しています。

E-BOOKには、コロナウィルスによってジャガイモ産業に与えた被害が均等ではないことを認めることから始まります。多くのジャガイモ生産者や加工業者様は、外食産業からの需要の損失のために苦しんでいますが、新鮮に加工したジャガイモの小売販売が家庭での料理の頻度の増加によって押し上げられたため、その他の生産者や加工業者様の業種が繁栄しています。E-BOOKには、どのように複数のアウトレットスーパーマーケットでのジャガイモ販売の金銭的価値が急速に67%増加したかを記載しています。

E-BOOKは、消費者が新鮮に加工したジャガイモの魅力を再発見したという事実を歓迎していますが、この新しい需要がどの程度継続するか疑問を呈しています。調査によると、大多数の消費者がコロナウィルスのパンデミック後も、自宅でより料理をすると予測しており、ミレニアル世代の63%はロックダウン中に楽しんだ食べ物を食べ続けると答えています。たとえこのケースが証明できなかったとしても、新鮮に加工したジャガイモの消費は世界的に増加しています。:お米を伝統的に主食として好む東洋の発展途上国の中産階級の人々の増加が、西洋式の食事の影響を受けてより多様化しています。

生産量を増加しこの需要に追いつくことは、多くの加工業者様がコロナウィルスの大流行の間に直面する最大の課題です。この点は理解できるが、一方でE-BOOKは不利な点にも着目しています。:大手のジャガイモの小売業者は、通常のサプライヤーがより多量な注文に対応ができないとわかると、助けを求めて他のサプライヤーを探し、そこで対応したビジネスは常に通常のサプライヤーに戻ってくるとは限りません。もう一つの需要関連の課題は、新しいビジネスを得るためにこの機会を利用する必要性ですが、一部の加工業者はこれを実行するための運用システム、生産ラインの技術、または労働力が不足しています。

長年の間、加工業者になじみ深い手作業の労働者の採用とその維持の難しさも、コロナウィルスの大流行によって激化しています。この種類の仕事を喜んでやる人は少ないです。先進国では、ほとんどの経験のない労働者は季節的な契約よりも安全な恒久的雇用契約を好みます。発展途上国では、手作業の労働者が自分が選択するより魅力的な仕事があるということを再発見しています。多くの梱包業者は、結果的に一時的な外国人労働者に依存していますが、コロナウィルスの大流行による旅行制限により、多くの場所で労働力が枯渇しています。

もう一つの労働関連の課題は、多くのアメリカとヨーロッパの食品加工工場でのコロナウィルスの発生の報告によって、職場でコロナウィルスに感染するという恐怖です。これは、不良品のジャガイモを手作業で取り除いており、多くの場合、労働者がお互いに隣接して作業している生産ラインには厄介な問題です。

コロナウィルスの大流行によって持ち上がったもう一つの課題は、生産ラインの運用を柔軟にする必要性です。新鮮なジャガイモの需要の増加は、特別なオファーで買い物客を呼び込むための各スーパーマーケット間でのバトルで選択の強力なポイントとなっていることを意味しますが、そのようなオファーは1週間で翌週には急速に変化します。つまり、加工業者は、すぐにジャガイモの品種またはある製品仕様から別の製品仕様に生産ラインを切り替える能力を持つ人が積要がります。

E-BOOKは、また収益性と向上する生産性の中の需要と供給と同じくらい影響がある案内を送付致します呈した製品品質に対する長年のニーズを記載しています。なぜなら、60~80%の典型的な出荷数値は、加工業者が原料の20~40%を流出していることを意味しています。これらの数値は、製品の再利用の価値を強調しています。E-BOOKは製品がプレミアム

価格になるためグレード1のジャガイモをクリアバックに詰める方がよいビジネスのように見えるかもしれませんが、収益性はグレード2の製品として販売するラインからいかに不良品を再利用することができるかに依存する可能性があることを説明しています。

トムラソーティング株式会社の新しいE-BOOKは、これらの課題のすべてを光学選別技術でどうのように解決することができるかを説明しています。主な利点として、選別機は梱包ラインから異物や市場にだせない不良品のジャガイモを排除することで、食品の安全と一貫した製品の品質を保証します。しかし、これ以上に、選別機は手作業への依存も減らすことが可能です。ある製品のバッチから別の製品のバッチにすばやく切り替えることも可能です。生産ラインのプロセスの問題点を特定することで生産量を向上させます。廃棄する必要のない製品を再加工することで収益を最大化します。しょして、製品が要求仕様の基準を満たしていることを保証するために、各ジャガイモを正確に等級つけます。 【ジャガイモの加工業者とコロナウィルスへのチャレンジ】というタイトルの電子書籍(E-BOOK)はこちらからダウンロードできます。

potato ebook