Food sorting and peeling solutions
シェアーする。

交差汚染を削減

世界保健機関(WHO)は、汚染された食品の摂取により約6億人が病気になるとの推計を発表しました。これは、世界人口の約10%です。 安全規制の強化や世界的な食品の需要の増加に対応するため、以前、手作業で選別・検査を行っていた多くの生産者は光学およびセンサーベースの自動選別を必須だと見なすようになりました。

光学選別は必須

交差汚染とは均質であるはずの食品に予期しない異物が混入する汚染のことであり、グローバルな食品産業に大きな影響を与える深刻な問題です。

多くの食品メーカー、食品加工業者や小売業者は、汚染問題に対処するために、絶えず変化する技術や利用可能なシステムを採用しています。 トムラソーティング・フードの装置 トムラの装置には、標準仕様のカラーカメラだけでなく、さまざまなセンサーが搭載されています。 食品の分子構造の解析には近赤外分光法(NIR)が用いられ、元素成分を測定にはX線、蛍光X線およびレーザーが用いられます。 色や形状だけでなく物体の表面構造および生物学的指紋も効果的に分析されます。

アレルゲンの偶発的な広がりを軽減

アレルゲンの偶発的な広がりを軽減するためには、汚染物質の特定および除去は重要です。 無防備な消費者がアレルギー反応を起こすと社会問題になり、企業の評判や財務に壊滅的な影響を与える可能性があるからです。

食品廃棄をなくしましょう

比較的よく知られていますが、交差汚染はアレルゲンの問題だけではありません。 食品規格は国によって異なるため、交差汚染により引き起こされる問題は、食品の世界的な流通にマイナスの影響を与える可能性があります。 例えば、トウモロコシは他の国と比べ米国で最も多く栽培されている作物ですが、米国ではトウモロコシは天然作物または遺伝子組換え作物として栽培されています。 国内市場ではこの違いは適切ですが、国際市場では問題を引き起こす可能性があります。

米国は、トウモロコシ収量の10パーセントから20パーセントを世界市場に輸出していると推定され、会計年度2014年の売上高は76億円と報告されています。 欧州連合(EU)加盟国のうちの半分は遺伝子組み換え(GM)トウモロコシの栽培と輸入を禁止しているため、米国産の有機トウモロコシに遺伝子組み換えトウモロコシが混入している場合、売却することはできません。 その結果、収量効率が低下し、 食品廃棄が増加し、 財務収益が減少します。

また、潜在的な交差汚染の影響は、生産物だけでなく菓子類にも及びます。 ビタミン強化されたグミの人気は高まっていますが、メーカーの多くは大人用グミ(タイプA)と子供用グミ(タイプB)を別製品として提供しています。 ビタミン投与量は大人用と子供用で異なるため、子供が大人向けのビタミン投与量を含むビタミングミを消費しないように、タイプAの投与量を含むビタミングミがタイプBの投与量を含むビタミングミと混入しないことが非常に重要です。

交差汚染の削減のメリット:

  • 食品安全
  • 消費者に及ぼすリスクの削減
  • 食品廃棄の軽減
  • 収率の最適化
  • 企業の評判を保護

トムラソーティング・フードのビジネス開発ディレクター、Bjorn Thumasは交差汚染の削減についての考えをリーダーシップ記事に掲載しました。 詳細は弊社の新着情報セクションからご覧ください