Food sorting and peeling solutions
シェアーする。

食べ物のムダについて見直しましょう

世界で生産される食品の約3分の1は消費されず、毎年13億トンの食品が廃棄物として処分されています。 これには、約45パーセントのすべての果物と野菜、食肉の20パーセントが含まれています。 この処分された食品のたった4分の1で世界中の7.95億人の慢性的飢餓人口を養うことができます!

2015年9月、国連(UN)は、2030年までに一人当たりの食品廃棄物を半減させることに同意しました。 これは、国連の世界的開発目標に食品ロスと 食品廃棄物の削減を含むという新しい先例です。

センサー技術を採用する食品自動選別システムの大手メーカーとして、TOMRA Sorting Foodは食品廃棄に関する問題について強く認識しており、農家、食品加工業者、および小売店と密接に連携して食品廃棄量の削減を達成するように取り組んでおります。

食品廃棄の削減によるメリット:

  • 歩留量と収益を最大化
  • ブランドを守る
  • 企業の持続可能性
  • 食品廃棄の削減
  • 非効率性の低減
  • オーバーヘッドの低減
  • 最適化された生産ライン
  • 資源革命を進める

センサー技術を採用する自動選別機 は品質が規格の70%を満たしてる製品を識別し、これらの製品を廃棄物として処理せずに、大半を再加工して利用することを可能にします。 ジャガイモやブルーベリーを保存する際、食品としての寿命を延ばすためにカビや腐敗から守る必要があります。

食品廃棄をなくしましょう

トムラソーティング(食品)、EMEA地域セールスディレクター、スティーブ・ラスキンによる トムラの食品廃棄についての取り組みについてご覧ください。