Recycling sorting solutions
シェアーする。

ECO Plastics Limited

トムラソーティングが実現した世界初のプラスチック選別

概要

Eco Plastics Logo

2010年後半、 ECO Plastics社 は トムラソーティングUK に対し、前代未聞と言えるほど要求の厳しい選別課題の1つを提起しました。 独立系の大規模な炭酸飲料製造業者のサプライヤーであるECO Plastics社は、英国内で使用するすべてのプラスチック包装の製造に必要な再生プラスチックを供給するため、史上空前の水準のスーパークリーン再生PET (rPET)フレークの安定提供の必要に迫られていました。

専門家の熟練した目でさえ、透明なPVCとPETフレークの違いを見分けることは不可能です。そのため、ECO Plastics社がトムラにこの「不可能」な物質を、かつてない水準の純度で選別するという難問を提起したとき、ただちに協調関係の礎が築かれました。この協調関係こそ、後に世界初のプラスチック選別という快挙をもたらすものだったのです。

目標

  • 産出PETの品質と純度に関するマイルストーンを設定し(百分率ではなく、100万分の1で測定)、PETフレークの材質と色彩による同時選別を可能にする、国際的レベルのソリューション開発を目指すこと。
  • 「スーパー産出物」の創出を目指し、産出物の純度を維持する一方、選別のし過ぎを最低限に留める。

状況

ECO Plastics社は英国最高のクオリティを誇る、リサイクル物質再処理工場のリーディング・カンパニーです。英国のヘムズウェルにある材料回収施設(2010年開設)では既に、トムラTITECH ユニット20台が混合プラスチックの選別に使用されています。 この施設の成功を受けて、ECO Plastics社はスーパークリーン再生PETの安定産出を実現するため、再びトムラソーティングに技術提供を求めたのです。 ヘムズウェルのプラントでは、色彩とポリマー別にプラスチックを選別した後洗浄し、PETをPurePET78® (食品等級rPETペレット)に押し出し成形しています。しかしながら、顧客需要の変更に伴い、ECO Plastics社が追い求めていたのは、現存の業界標準よりも著しく高い水準の純度でした。

トムラソーティングのセールス・エンジニアのブライアン・ジストが詳しく説明してくれました。「プラスチック容器の再生含有物の水準を上昇させることにより、含有物の純度の重要性が増してきます。 PVCの汚染度が著しい場合、容器の一貫性や利用目的に対する適合性に影響が及ぼされる場合があります。 ECO Plastics社の顧客の多くは、再生含有物に対する明確な目標を持っています。当社は、当社が設置する選別システムにより、ごくわずかな廃棄率で一貫したスーパークリーンrPETの供給を実現するため、 ECO Plastics社と一丸となってこの作業に取り組まなければなりませんでした。」

ソリューション

2010年後半に初めて打診を受けたトムラソーティングは、ただちに研究開発プロジェクトを立ち上げ、前例を見ない純度のPETのスーパー産出の実現という挑戦に対応可能な技術開発に取り組みました。 トムラソーティングのエンジニアたちは、ECO Plastics社と一年間に渡る共同作業に取り組み、この挑戦を実現化するためにトムラのTITECH オートソート [flake] システムの改造を重ねました。

ブライアンはこう説明します。「ECO Plastics社の要求する純度の実現は不可能と言う同業者たちが多い中、当社はこの挑戦に真正面から立ち向かっていったのです。 当社はソフトウェアおよびハードウェアを設計しなおし、著しい人時を費やして不可能をいかに可能にするか、その方法を解き明かすという挑戦に真剣に取り組みました。

AWS-53-046_small

当社は ECO Plastics社と密接な協調態勢でこの難題に取り組み、当社のTITECH選別機によって目標を実現できるという自信をもたらすことができました。 2011年10月、ECO Plastics社が5台注文した当社の TITECH オートソート [flake] システムは、2mmまでのフレークの選別能力を有する一方、高水準の純度を維持しつつ、廃棄率を最低限に留められる機械です。

TITECH オートソート [flake] システムはヘムズウェルのプラントに導入されました。識別済み材料はシュレッダー処理を経て洗浄されます。 その後、洗浄されたフレークはサイズ別に選別された後、TITECH オートソート [flake]で一切の不純物が除去されます。 このシステムは、トムラソーティングのカスタムメイドのスペクトロメータ技術に基づいたもので、世界中の標準選別アプリケーションの中でも傑出した結果を達成しています。

「当社はトムラソーティングが達成した標準にとても満足しています。」

ECO Plastics社の社長のジョナサン・ショートは、こうコメントしてくれました。「当社はトムラソーティングが達成した標準にとても満足しています。 以前は、この業界でここまで高水準の品質と純度でPETフレークを選別することは不可能でした。 この開発は、当社の押し出し成形用機器に利用できるのはもちろん、海外のすべてのPETフレークの顧客の皆様に、今日の市場で入手しうる最高の品質の材料を供給する大きな手助けとなってくれるに違いありません。」   

業界にとってのマイルストーンとなったこの開発が、ECO Plastics社とトムラソーティングの間の強力な協調関係のお陰で実現されたことは間違いありません。 ブライアン・ジストは締めくくりにこう述べました。「これは、2つのビジネスが比類のない実績を達成するために一丸となって取り組んだ、素晴らしい一例と言えましょう。 ECO Plastics社は達成目標を明確に把握していた上、プロセス全体を通して、当社を親身にサポートしてくれました。 当社は測定の尺度を百分率から百万分の一に変えるという大胆な変更を余儀なくされましたが、挑戦に立ち向かい、得られた結果はもちろん、新たな世界的標準が設定されたことを大変喜ばしく思っています。」