Recycling sorting solutions
シェアーする。

微細原料 選別

銅線や銅ケーブルのリサイクル処理で回収された銅粒子には、高価値資源となる可能性が秘められています。 しかしながら、ポリマーや鉄などの異物を取り除いた後でも、少量の鈴・銅・真鍮・アルミなどが含まれており、その量はしばし3%に及ぶこともあります。 銅純度を99.9%まで向上することにより、素材の価値を最大30%まで引き上げることが可能になります。

渦電流選別機や密度式テーブルなどによる銅選別の一般的技術では、不純物のすべてを除去することは不可能です。 トムラソーティングが開発した銅選別ソリューションは、粒状の異物を効率的に自動除去し、導線の選別で大きな効果を発揮するものです。 トムラソーティングの最新のTITECH コンビセンス [chute]は、銅線・ケーブル類のリサイクル業者を対象とする、銅選別における画期的なセンサー選別ソリューションです。 この銅選別機は、自由落下の光学的検知と高速のエアー噴出モジュールを利用して素材を選別します。

お客様は、バッチシステムで選別対象の銅粒子をこの選別機で2回選別することにより、異物含有量を大幅に削減できます。 選別タスクや投入原料サイズによって、時間1~3トンの銅選別が可能です。

関連商品