Recycling sorting solutions
シェアーする。

商業・産業廃棄物

商業・産業廃棄物選別機は、プラスチックや紙、厚紙、フィルムなどの再生可能要素を分離します。 これらの材料に対する需要は、天然資源に対する需要と比較し、商業・産業部門で上昇しつつあります。

従来の手選あるいは半自動の技術では、商業・産業廃棄物ストリームから分離できる材料の回収率はごくわずかに過ぎませんでした。 それとは対照的に、トムラソーティングの完全調節可能な最新型センサーベースの選別機とリサイクルシステムでは、複雑で多様な商業・産業廃棄物ストリームを分離し、高品質の産出物に転換することが可能になります。 これらのシステムの利用により、手選の必要性がなくなり、労働経費と材料の損失を削減する一方、商業廃棄物リサイクルの効率向上が実現します。

種類の雑多な投入材料ストリームや新しい法規といった変化に、優れたコスト効率と迅速さで対応するトムラソーティングの商業廃棄物選別システムは、将来に対する完全な適応性を約束してくれるものでもあります。

お客様のコスト削減を実現
年々引き上げられる英国の産業廃棄物埋立税を受けて、トムラソーティングの商業廃棄物リサイクル技術の重要性に注目が集まっています。 不活性物質の除去率最大95%を可能にするトムラの商業廃棄物リサイクル技術は、より低い除去率の利点を企業組織にもたらすものです。例として、商業廃棄物のみのダンピングへの適用などが挙げられます。 一方、従来の商業廃棄物選別およびリサイクル方法では、大量の有価値有機物と不活性成分が一緒に埋め立てられることを免れなかったばかりか、より膨大な費用も必要でした。

トムラソーティングではTITECH オートソートを利用し、軽量材料(フィルム、紙、布類など)のリサイクルを通じてこの利点を実現し、質の高いRDF(ごみ固形燃料)の製造と、木材やプラスチックなどの重量フラクションの選別を行ないます。 その後、TITECH エクストラクトによって、原子密度の測定に基づき、微粒子からガラスや石、陶器類が検出・分離されます。

関連商品