Recycling sorting solutions
シェアーする。

有機 廃棄物

有機廃棄物質が廃棄物全体に占める割合は高いものです。 このフラクションの処理方法は国によって様々に異なります。 有機フラクション内の不活性物質は、各種の処理工程中に大きな問題の原因となる可能性を抱えています。

有機廃棄物に含有される不活性物質は、有機物の損失をできるだけ最小に留める方法で、最低限まで削減されなければなりません。 たとえば、有機廃棄物フラクションからバイオガスを製造する処理工程では、無機廃棄物は嫌気性分解物の底に沈殿します。

有機廃棄物分離機械をより効率的・効果的に運用するためには、分解物の除去・洗浄をより頻繁に行なう必要があります。 有機廃棄物分離機械の洗浄に費やされる時間は、必然的にバイオガス製造処理工程における時間のロスを意味します。 無機廃棄物の蓄積により発生しうる機械機器の破損が、メンテナンス費のより一層の負担に繋がる場合も考えられます。

ソリューション

トムラソーティングではこのソリューションとして、 X線透過 (XRT)と近赤外線分光法 (NIR)のユニークな組み合わせを推奨しています。 サイズの初期スクリーニングおよび金属類の回収の後、材料はNIR検出器を活用して各種のポリマーを除去するTITECH autosortを通過します。 残りの有機廃棄物フラクションはその後、TITECH エクストラクトユニットを通過します。これは、XRT検出器を活用し、原子密度に基づいてガラス類や石を排除するものです。

高解像度の近赤外線 (NIR) システムは、PVC、PP、PET、PEなどの各種ポリマーを検出・分離します。 さらに電磁気センサーで、あらゆる鉄金属・非鉄金属類も除去されます。 第二段階では、TITECH エクストラクトがX線技術を活用して原子密度を測定し、その測定値に基づいてガラス類や石などが除去されます。 材料の汚染レベルは無関係です。

関連商品