シェアーする。

Success Story

秦食品株式会社 (滋賀県竜王町)

Hata Foods Co., Ltd. / JAPAN

秦食品株式会社は、神戸物産グループの子会社として、冷凍食品・チルド惣菜・ ドレッシングやたれ等のペットボトル製品を製造しています。 同社では、国産のじゃがいもを使用し素材の風味を生かした味付けが人気の「ポテト サラダベース」の製造ラインにTOMRA の「Orbit 150 スチームピーラー(ドライブラシ、 アフターウォッシャー付き)」1基と「自動選別機GeniusB1200型」2基を導 入。その効果について代表取締役社長の秦利幸様にお話を伺いました。

「Orbit 150 スチーム

ピーラー」導入で

歩留りが約5%改善

 

導入前の課題

以前は、他社製ピーラーを使用して

いましたが、老朽化もあり機械が頻繁に

停止していました。作業効率の低下に

伴う労務費の増加、さらに歩留りの悪化

が課題でした。また、修理用の交換部品

も満足に入手できないため、万一の

場合に長期の生産停止につながるリスク

を抱えていました。

 

 

導入のきっかけ

TOMRA を知ったのは「FOOMA JAPAN        

(国際食品工業展)」です。セールスに

お会いし、TOMRA製品は、蒸気式

ピーラーで唯一、世界一薄くじゃがいもの

皮を剥くことが出来ること、さらに歩留り

向上につながることを紹介

していただきました。

 

導入後の変化

歩留りが約5%も改善され、大変満足

しております。更には、品質向上にも

つながりました。高圧蒸気によるじゃがいも

表面へのヒートリングが0.5〜1.0mmと

薄いため、素材の硬化が少なくなり

ました。食感がさらに良くなったことで、

売上も増加しています。

 

また、操作性も優れています。

オペーレーターが使用する際、タッチパネルの

画面に表示される主要な選択項目は2つ

だけで、誰でも迷いなく操作できます。

しかも、海外製品ですが全て日本語

表示されるため使いやすいですね。

弊社では25歳の女性オペレーターが

操作しています。

 

他社製品との比較

導入を検討するにあたっては他社製品

と比較しましたが、TOMRAは

「処理能力」「実績」「メンテナンス性」が

魅力的でした。まず処理能力は、他社より

もコンパクトで効率を重視した設計と

なっているため、1回の皮むきに必要な

時間が短くて済みます。これは省エネや

 

工場内のスペースの有効活用にも

つながっています。メンテナンス性では、

タッチパネル上にアラーム表示ができ、初期

トラブルが容易に発見できる点が優れて

います。またTOMRAにはメンテナンス

技師が4名在籍し、主要な部品の

在庫を用意している点でも安心できました。

 

「自動選別機 Genius B1200型」導入で

大幅コストカット

 

導入前の課題

弊社製品の「ポテトサラダベース」は色

の白さが命です。じゃがいもの素材の

色が見えるパッケージで店頭に並ぶ

ため、少しでも茶色いと主婦の購買

意欲をそそりません。じゃがいもの芽・

皮・腐れ・緑化・黒色変化を取り除く作業

は、売り上げに直結する重要な工程

です。しかし従来の選別作業は手作業に

頼っており、平均16名もの作業員が

必要でした。人員不足により生産停止が

起きやすく、次の工程(充填・包装)への

原料供給が不安定となり、生産効率の

妨げとなっていました。

 

導入後の変化

作業員の削減で労務費が激減

しました。まず1基導入した段階で、平均

16人必要だった作業員を4人まで

減らせました。その後さらに1基増やし、

現在はたった1人で以前と変わらない

品質を維持できています。また、スチーム

ピーラーと同様に操作性が大変優れて

います。我々が選別したい色の設定範

囲を容易に選択できるため、じゃがいもの

品種による細やかな設定も可能な点が

魅力です。

 

さらに、手作業では作業員ごとに選別の

基準にばらつきが生まれてしまいますが、

機械では品質が安定します。

操作性・品質安定性は、我々の

信頼性を高め高収益につながるもの

と確信しております。

 

他社製品との比較

世界で10,000台を販売している実績

があり、選別機に投入する前のポンプ

搬送、ダイサー、排出される水の処理

を含め、全体のエンジニアリング提案

をしていただける点でTOMRAを選び

ました。また、TOMRAのセールスは

早朝や夜間の問い合わせにも迅速に

対応していただき、弊社のビジネスに

強力なサポートを得ています。今後は

毛髪除去ソーターやじゃがいもの中心

空洞除去技術にも期待しています。

 

秦食品株式会社について

 

前身の秦食品工業株式会社は1961年に京都市南区に魚肉加工製造業として創業。

1988年に在の滋賀県蒲生郡竜王町に本社・工場を移転。2009年3月から株式

会社神戸物産の子会社として生まれ変わった。製販一体による効率アップに加え、

オンリーワンの技術で無駄・ロスをなくし、安心・安全・低価格で販売できる点が

強み。(1)冷凍品(麺類)、(2)チルド食品、(3)ペットボトル製品(ドレッシング、たれ類)の

3生産ラインから構成され、売上は3億円/月。従業員数は120人。将来への最大の挑戦

は、革新的な製法の実現と生産ラインの全自動化。

  • 効率を考え、無駄、ロスを無くし、お客様に良い商品を、可能な限り安く販売する
  • 保存料を少なくし、真に体にやさしい食品を開発・販売する
  • プロのお客様に満足して頂ける品質第一の商品を販売する