シェアーする。

トムラソーティング株式会社は、ペットフード加工業者とペットフード選別の提供を開始しました。

光学選別機は現在、動物性食品の副産物を加工するペットフード加工業者に利点があります。

10 9月 2020

tri optique aliments pour animaux

トムラソーティング株式会社は、動物性食品副産物をペットフードに加工する業者へ光学選別機の技術を提供し始めました。この新しい構想は、コロナウィルスの大流行での経済的圧力が、ペットフード加工業者が効率を最大化し、廃棄物を最小限に抑えることをこれまで以上に重要視している現在において、特に好評を得るであろうことが期待されます。

食品業界向け光学式選別機の世界有数のメーカーとして、トムラソーティング株式会社は昨年、ペットフード加工業者様に高度な選別技術を提供した最初のメーカーになりました。この新しい構想が成功を収めてるので、次のステップはペットフード加工業者様にこの技術提供を拡大することです。

家禽の肉や豚肉、牛肉の副産物をウェット又はドライなペットフードの材料に加工することは、燃料や肥料などの代替品への加工より肉や骨材を高く使用できます。世界のペットフード市場は、年間約900億ドルの市場価値があり、今後10年間でCAGR(年間平均成長率)5~6%の規模が拡大されると予測されています。しかし、より高い商業的価値を達成するためには、より高い基準が必要であり、ミックスした製品から最小の異物のかけらを検出し除去する必要があります。

トムラソーティング株式会社のペットフードのセールスマネージャーであるLars Povlsen氏は以下のようにコメントしています。:弊社がペットフードの生産者だけでなく、加工業者とも協力していることを誇りに思います。トムラソーティング株式会社の洗練された選別技術は、ペットフードの成分が安全で栄養価の高いものであることを保証するために多くのことを行うことができます。競争力を維持するために、最新の選別技術に投資するペットフード加工業者様の数が増えると予想しています。

ペットフード加工における規制と課題におけるトムラソーティング株式会社のソリューション

再加工のための廃肉処理を規定する規制は、国ごとに異なる場合がありますが、ペットフードや動物飼料への基準は通常最も厳しくなります。ヨーロッパは厳しい要件をもつ典型です。: ペットフードと動物飼料は、廃棄肉が屠殺の時点で人間の消費に適合しているという3つの加工分類の中で最も高いカテゴリー3に準拠する必要があります。しかし、加工プロセス自体の性質上、異物が誤ってこの副産物に混入するのはこのプロセス以降になります。

加工リスクの1つは、家禽から羽を取り除く機械的なプロセスです。なぜなら、このプロセスはゴム製フィンガーを使用しており、簡単に破れ生産ラインに混入する恐れがあるためです。もう一つのリスクは、家禽はプラスチック製ハンガーにかけられコンベヤベルト上に吊るされるため、このハンガーが壊れて製品に混入する可能性です。

これらの固有のリスクに加えて、ゴム手袋やヘヤネット、金属クリップ、プラスチックタグ、アルミフォイル、石、割れたガラスなど、その他多くの種類の不要品が加工品のラインの落ちるという情報があります。これらの異物の一部は、最初目視可能な大きさですが、粉砕プロセスで、人間の目が検知不可能な小さな断片になります。

現在、トムラソーティング株式会社の選別機は、これらの申告な課題に対する解決策を提供しています。最新の選別技術は、信頼性のある高い精度であり誤検知は低レベルという技術で、異物の最も小さな断片を検出し、排出することが可能です。機械選別は、加工業者が骨粉とタンパク質の含有量の希望レベルを事前に決定することに役立ち、プレミアムな食材を加工しプレミアム価格で販売することも可能です。